blog index

日々雑多なあれこれ

思いつきで綴る心の闇(なんちて)


DVDを観た感想は、ラスト迄きっちり書いてあります。
まだ観てなくて観る予定がある場合は、読まない方が良いかもだ。
<< ハウルの動く城 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ゲド戦記
昨日、レイトショーで観て来た。
1200えん。

実は、わしはジブリのアニメにあんまり夢中でないヒトなので、タイトルは知ってたけど、昨日が初日だって事も知らんかった。
DVDになってから観ればいいやと思ってた。
だけど、珍しくこびとが観たがったので、連れて行って一緒に観た。
映画館でジブリの作品を観るのって、初めてかもしれん(笑)

ジブリだけど、監督さんは息子さんの方なんだそうな。
そんな事すら良く理解してなくて、もちろん話の筋も知らなくて、予備知識が何も無く観たけど、割と面白かった。

ハウルとか千と千尋とかもののけとか『この続きは各自考えましょう』的な終わり方で、いつも見終わったあとに消化不良みたいな感じになってたのだが、今回のはちゃんとお話が完結していた気がする。
監督さんが違うから比べること自体無意味な事かもしれないが。

原作は子供向けの小説で、全五巻プラス外伝一巻らしい。
映画は「生きる」って事をテーマにしてたらしいけど、ストーリーを追いかけるだけで終わってしまった感じがしないでもない。
でも、この映画を観て、ちょっと原作を読んでみたくなった。

一番印象に残ってるのは、主人公の乗ってるロバ(馬?)。
顔とか仕草とかが、とても可愛かった。
で、残念だったのは、人間のグラフィックがかなり雑な感じだったこと。
シーンによって原画の書き手が違うのが丸解りで、テレビアニメみたいだった。

一緒に観てた人達の中には「良く解らなかった。」とか「途中で寝ちゃった。」とか言いながらハコを出て来た人もいたから、総体的にあんまり良い出来ではなかったのかもしれない。
とか文句を言いつつ、1200円出して損したとは思わなかったから、わし的にはおっけーってことで。

余談だが、『ゲド』って聞くと、どうしても幻想水滸伝の3を思い出してしまう。
普通は気にならないのだけど『ゲド』って変な名前だから、まったく別の話に同じ名前の人が出て来てて、ちょっと不思議な感じだった。
| puchi | 映画・ビデオ・DVD | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:48 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://puchi.jugem.cc/trackback/89

★こうさぎさん★

うさぎをクリックすると喋ります

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

bolg index このページの先頭へ