blog index

日々雑多なあれこれ

思いつきで綴る心の闇(なんちて)


DVDを観た感想は、ラスト迄きっちり書いてあります。
まだ観てなくて観る予定がある場合は、読まない方が良いかもだ。
<< リバーワールド | main | ゲド戦記 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ハウルの動く城
ハウルの動く城

ひょっこり返却済みの棚においてあったのでちゃっかり借りて来た。

話題の新作をレンタル開始から1週間以内に借りられたのって久しぶりでちょっと嬉しい。

バイト先の人が「ものずごくいい。絶対映画館で見るべきだ。」って絶賛してた作品。
あんまり感動が残らなかったのは、お家でちっちゃい画面で見たからだろうか……。

呪をかけられた主人公。
見た目が、本人の感情に影響されて若い娘さんから老婆まで変化するって設定だったっぽい。
顔つきや体つきが変わるのは見ていれば判る事だけど、何故その時その姿形なのかって乙女心が解らなかった。
んで、結局ラストシーンで髪だけ白くなったまま元の姿に戻ってたけど、呪は結局解けたのだろうか。

2時間飽きずに見られてお話自体はかなり面白かったけど、作り手が何を言わんとしていたのかが、さっぱり理解出来なかった。
見ている時は夢中なのだけど、見終わると何となく食い足りない。
ジブリのアニメの感想って、わしはいつもそんな感じだ。

ただ、今回はハウルのキャラの顔(断じて声ではない)が無茶苦茶好みだったので、それを見てるだけで幸せだったかもしれない。
今までの記憶にあるジブリアニメに出て来た男キャラって、何となく泥臭いのばっかりだったけど、今回のハウルはかなり腐女子向けかもしれない。
千と千尋でハクの美形っぷりがウケたからかなぁ。

きれいなお顔のハウル。
初登場のシーンは、金髪に薄いブルーの目。
主人公のソフィー同様、わしも、初対面で人目惚れした(笑)
| puchi | 映画・ビデオ・DVD | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:28 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://puchi.jugem.cc/trackback/81

★こうさぎさん★

うさぎをクリックすると喋ります

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

bolg index このページの先頭へ