blog index

日々雑多なあれこれ

思いつきで綴る心の闇(なんちて)


DVDを観た感想は、ラスト迄きっちり書いてあります。
まだ観てなくて観る予定がある場合は、読まない方が良いかもだ。
<< レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 | main | 高橋さんってば…… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
TATARI
TATARI コレクターズ・エディション

原題も『TATARI』なのかな。
日本語の「祟り」のことだよね。

最後まで見られるか自信が無いまま観始めたけど、そんなに怖くなかった。
最近変なのばっかり見続けてるから、怖いのに慣れちゃってるのかもしれないが……。

登場人物全員が一癖ありそうな感じだったので、半分位まで、人が死ぬのが霊のせいなのか殺人なのか区別がつかずに見てた。

昔、火事で患者や職員のほとんどが焼け死んだ精神病院の建物が舞台で、当時のまま手を加えられていない地下室なんてすっごい不気味だった。
何があってもおかしくないって雰囲気を醸し出してて、何が起こるのか楽しみに見てたら、かなり期待に応えてくれたので満足。
ラストで生き残った人に約束通り報酬が差し出されたのも、小技が効いてて良い感じだった。

個人的には、当時院長だった狂ったお医者さんの霊の頭のブレ方と擬音が、なんだか可愛くて気に入った。

これも『13ゴースト』同様、昔作られた映画のリメイクで、当時の映像もおまけで入ってた。
昔の映像、その当時は怖かったのだろうけど、今見ると、怖いより面白い。
それにしても、昔のホラーの女優って、みんな同じ調子で大声で叫んでる人ばっかりだなぁ……。
| puchi | 映画・ビデオ・DVD | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:20 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://puchi.jugem.cc/trackback/65

★こうさぎさん★

うさぎをクリックすると喋ります

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

bolg index このページの先頭へ