blog index

日々雑多なあれこれ

思いつきで綴る心の闇(なんちて)


DVDを観た感想は、ラスト迄きっちり書いてあります。
まだ観てなくて観る予定がある場合は、読まない方が良いかもだ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
キングダムハーツII
キングダムハーツII

まだ遊んでないけど、買おうかなって思ってるゲームソフト。

前作は、かなり気に入って遊んでた。
通しプレイは一回だったけど、クリア後にあちこち出かけて、お気に入りのキャラと一緒に弱いものいじめをして楽しんだ。

んで、ちょこっと調べたら、前作と次回作の間に「チェイン オブ メモリーズ」っていうのがあるらしい。
前作のエンディング直後からのお話だそうで……。
IIで遊ぶ前に遊んだ方が良いのか?
でも、わしはゲームボーイアドバンスなんて持ってないよ。
ちっこい画面で前屈みで遊ぶのって好きじゃないし、それに、これだけの為に買うのもアレだしなぁ。

どうせ買うなら、アルティメットなんたらミックスを買ってクラウドとかセフィロスを堪能した方が良いかもしれん。
| puchi | お家でゲーム | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
空と海と大地と呪われし姫君 -3-
鍵を使って開ける宝箱を回収して、本筋に戻る。

教会で真っ赤な衣裳に身を包んだククールのウワサを聞く。
本人と出会ったのは隣街の酒場で、キザったらしい登場の仕方におもわずニヤり。
キャラの紹介を見た時から、お気に入りだったので、意外と早く仲間になりそうで嬉しかったり。

今回も、ククールは当人に関係あるイベントバトルには参加せず、修道院を追い出される形で仲間に。
ククール、何だか腹違いのお兄さんと仲が悪かったりして、不幸な生い立ちらしい。

パーティーに入ってからは、他の三人がちょっと育ち過ぎてて、なんだかククールが弱っちく感じられる。
使える魔法とかから察するに、僧侶タイプっぽい。
修道院で暮らしてたから、やっぱり坊さんなのか……。
今後も攻撃では期待出来ないかなぁと、ちょっと残念。
今回は、敢えて必要以上に攻略サイトとか見ないようにしてるから、どう育つのか良く解らないけど、ザラキは、是非覚えて欲しいかも。

今回、ダンジョンの階層毎にマップが表示されてて、かなり便利。
それでも、迷子になったり同じ場所をぐるぐる回ったりしてるけれど、その分レベルが上がるからいいや。
世界地図も手に入ったのだけど、全体図と拡大図の2種類で、すぐ隣に街や遺跡があるのを何度も見落としている。
拡大図のスクロール機能が欲しかったな。

二年間、王妃さまの喪中をしてる国に立ち寄って、イベントクリア。
無事、喪が開けてめでたしめでたし。
この国のイベントをクリアしないと、次のイベントが発生しないのだけど、内容は、今後のストーリー展開にあまり関係ない気が……。

また、話を進めてから訪れる事になるのだろうかと思っていたら、意外と早く、船入手の為のアイテムを頂きに来る事に……。
だけど、簡単に手に入るハズもなく、音痴のモグラのドロボウ退治のイベント発生。
地図があっても、自分がどっちを向いているか良く解らなくて、散々迷子に。
フィールドもダンジョンも、歩きながら地図が表示されると便利なのになぁ……。

余談だけど、喪中の国と船を入手する時に手伝ってくれたへちま売り(本名忘れた)が、かっこよかった。

モンスターバトルができるようになったけど、最初に揃えたモンスターでは最低ランクの試合にも勝てないらしい。
各地を放浪して強い魔物をスカウトしようにも、今までどこで誰と遭遇したかなんてほとんど覚えていない。
今回は、空を飛んだりは出来ないのだろうか……。
行ける場所が広がって、だんだん移動が面倒になって来た。

イベントをいくつかこなして、船を入手。
入手したのは良いのだが、ルーラで街に戻ると、船がとんでもないところに停泊してて、そこまで辿り着けないことがしばしば。
見えてるのだけど、段差があって行けないとか、結構ストレス貯まるかも……。

遊んでいるうちに、次第に不満や無理な要望が多くなる自分が笑える。

トへロス使って海を進んでて、いきなり強い魔物と遭遇。
主人公以外全員死亡して、ヘロヘロで逃げ帰る。
三人を教会で蘇生させて、かなりの出費。
所持金が少々足りなくて、入らないアイテムを売り払う。
全滅した方が良かったかもだ(涙)

明日からは、西の大陸とやらヘ移動して、冒険。
| puchi | お家でゲーム | 07:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
空と海と大地と呪われし姫君 -2-
港町から冒険再開。

船乗り場に行ったら、パーティー三人目のお嬢さんが居た。
この先の土地に行くのには船が必要らしいので、お嬢さんに言われた通り、魔物退治に出向く。

む。お嬢は今回の戦闘にはまだ参加しないのか……。
でも、前回、時間がかかり過ぎてると言われてたからな。
と、充分育っているつもりで気軽に海の魔物退治に出掛けたら、あっさり全滅。
体力1/3まで落ち込んでたの忘れて戦闘に行った自分が悪いのだけど……(苦笑)

リセットして、船に乗ったら暫く戻って来られないかもと考え、今まで歩いたフィールドを再度うろつく事に……。
近寄らない方が良いと言われていた各地に定着してる魔物を一匹ずつ殴る。
愛の戦士ピエールとか魔獣ドランゴとか、ちょっと殴りにくい名前のがいて、良心を痛めつつ、撲殺。
この手の魔物を倒すと、モンスター銅貨って言うのをもらえるらしい。
なんだろう、これ。
あとで調べてみようと思いつつ、そのまま。

街を歩いていたら、聞き漏らしてた情報があって、ちっちゃいイベント発生。
忘れ物を届けて、ネズミ用のチーズを貰った。
チーズを食べて、火を吹くネズミ。やっぱり可愛い。
最後までネズミのままで居て欲しいと思う。
万が一成長して巨大化しても良いから、姿形は変わらずに………。

ある程度フィールドをうろついて、レベルをひとつ上げて海の魔物に再挑戦。
子分が、テンションを上げに上げてスーパーハイテンションになったら、意外とあっさり倒せた。
スーパーハイテンションな子分、ピンク色に光り輝いてかっこ良かったぞ。
某FFの猿みたいに姿形が変わる訳じゃなく、デブのまんまで光り輝いてたけれど……。

出発前に散々船の積み荷を投げ壊してアイテムをゲットして、お嬢様と一緒に次の街へ。
船を降りたところで「目的は同じだから一緒に行きましょう」と言われ「いいえ」を選択。
でも、勝手について来た。

お嬢様の冒険用の衣裳が何となく気に入らず、彼女の実家の箪笥から盗んで来た普段着に着替えさせる。
守備力低いから戦闘中は着せられないけれど、街を歩く時は普段着の彼女を先頭に……。
でも、彼女を知ってる船乗り達に話し掛けても、会話の内容は変わらなかった。
ちょっと残念。
それと、彼女の走り方がちょっと気に入らないなぁ。

衣裳は、彼女の普段着が特別なだけらしく、他の何を着せても、誰も変わりなかった。
盾とか武器は、戦闘中ちゃんと装備してる物のグラフィックになるのだけど、今の所、着ている物だけは変化しないらしい。

船の中で、錬金釜って言うのが使えるようになったと、緑色の小さい人に教えてもらう。
ちょっとネットで調べて、上薬草を作ってみた。
材料が集まれば、盗賊の鍵も作れるらしい。
港の中をふらふらしたあと、宿屋で鍵の材料のひとつを貰えて、鍵を作成。
お釜に材料を放り込んで暫くフィールドをふらふらしてたら、「チン」と、小さな音が……。
電子レンジかよ(;;)

鍵を手に入れたので、ルーラで最初の街に戻って、開かなかった宝箱を開けて回る。
こんなに簡単に戻って来られるなら、海の魔物退治の前に用事を全部済ませないで、お嬢さんのレベル上げも兼ねた方が良かったな。

最初の街でセーブして終了。
相変わらず、道草だらけののんびり冒険。
| puchi | お家でゲーム | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
空と海と大地と呪われし姫君 -1-
発売日に買って、29日の月曜日から遊びはじめた。
PS2のケーブルが壊れてたのがいけないんだ(;;)

いきなりネズミが登場して始まったお話。
主人公達は、呪を解く為の旅をしているらしい。

緑色の小さいおじさんが王様で、馬車を引いてる馬がお姫さま。
タイトルの呪われし姫君っていうのは、この馬の事か……。
馬姫様って、呼ばれてたのが気に入った。
主人公は、この緑の王様の従者らしい。
あと一人の太っちょは、自称主人公の子分。

まず最初のツッコミは、「『わしの大切な姫』とか言いながら、馬姫様に荷車引かせて手綱で操るなよ。おっさん」……かな。

呪をかけた人物を知ってる人がいるらしい村に到着して、街を徘徊。
早速、迷子&3D酔いになった。
以前のRPGなら、テレビの画面一枚で納まりきる位の小さな村なんだけど、階段や路地が入り組んでて、地図を見ても自分が行きたい場所へ簡単に到達出来ない状態。
今回、歩いた距離とか記録されるみたいだから、かなりの数字が期待出来るかも。

目的の人物は既にその村には居なくて(死んでた)、直接関係なさそうなイベントが発生。
途中、緑のおっさんが魔物と間違われて村人に石をぶつけられたりしつつ、探し物の為に近場の洞窟へ。

途中、門番の大きづちとのやり取りがあって、弱そうなセリフを吐いてるけど実際は凄く強いのかなと、戦わずに進む方を選んでみる。
最初からこんな弱腰で、我ながら先が思いやられる……。
でも、目的のアイテムを手に入れてから、レベルも少し上がったしと、意を決して殴り掛かってみたら、ほんとに弱かった。
裏の裏をかかれた気分で、ちょっと拍子抜け(笑)

プチイベントを達成して、次に行くべき場所が提示されたので、レベル上げしつつフィールドを延々と歩く。
出現するモンスターのほとんどが中途半端に体力があって、一撃で倒せないのが辛い。
殴られた時のダメージも体力の割に多くて、ちょっとうろつくだけでHPもMPもすぐに無くなってしまう。
次の街に行けば、きっともう1ランク上の装備が売っているハズと、買い物を控えているのがイケナイのかも……。

次の街に行く前にフィールドの上に点在する固定モンスターに気軽に殴り掛かって、全滅。
村人から強いと注意されていたが、ほんとに強い。
その後は、接触しないよう気を付けて歩いていたのだが、こちらの姿を見かけた途端に追いかけて来る奴も居て、追いかけっこが楽しいやらアセるやら……。

いい加減ふらふらするのも飽きたので、次の街へ。
ここに、ぼんっきゅっぼんの女の子が住んでいるらしい。
一人で塔に行ってしまった彼女を迎えに行くのが次のイベント。
無事連れ帰ったら仲間になるのだろうと、塔で迷子になりながらイベントクリア。
でも、件の女の子は、一人で旅立ってしまった。
やっぱり、このあと探しに行かなくちゃなんだろうな。
それとも、仲間にしないままストーリーをどんどん進められたりするのだろうか……。

現在、3つ目のセーブポイントがある港町に到着したところ。

今回のドラクエは、主人公の背格好や服そうがかなり好みだったりする。
3Dっぽいけど、主線が入っているグラフィックも見やすくて好き。
主人公の上着のポケットからいつも顔を出してるネズミも、とても好き。
チーズを食べると火を吹くネズミ……、ネズミか??

バトルの前後の読み込み時間がそれなりに長い気もするけど、戦闘自体が操作も見ているのも面白いのでそんなに苦にならない。
久しぶりに、ハマって遊び始められたゲームで嬉しかったり。

道草ばっかりしてるから、プレイがのんびりし過ぎだと言われたけど、まあいいや。
| puchi | お家でゲーム | 01:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
幻想水滸伝4
遅ればせながら、購入。
急に遊びたくなって、真夜中にGEOに行く。
広告の品とかになってて、中古で5000円弱で買えた。
ラッキーだっだかも……。

早速遊び始めたけど、3に比べてオープニングがつまらない。
音楽は気に入ったのだけど、キャラクター達に目をひく奴が居ないカンジ。
遊んでいるうちに、かっこいい人が出て来ると良いな。

最初の舞台は船の上で、何だか突然海戦になったけど、スノウが色々教えてくれたので楽勝。
その後、すっげぇ悪そうなカップルとの戦闘になったけど、彼等は学校の先生らしいと戦闘後に判明。
立ち姿だけだと、悪者に見えたや。

船から降りたら、いきなり卒業式だそうだ。
卒業式のイベントに入る前に、行ける所には全部行く。
宝箱から、水の紋章をゲット。

建物の中を彷徨いながら色々な人から話を聞いてみた。
うっかりボタン連打すると2回めからは違う事しか話さなくなる人も居て、聞き漏らしとかなかったかな……。
まぁいいや。

卒業式が終わったら、火入れの儀式とか……。なんだそれは?
取り合えず、町に行く。
要所要所でスノウがしゃしゃり出て喋ると思ったら、ずっと一緒に行動してたらしい。
勝手にパーティーに入ってるや。
スノウは、偉い人の息子さんでおぼっちゃまらしい。
道理で装備も最初から主人公より良いもの着てると思った。
どうやら序盤は、この子とずっと行動を共にするらしい。
スノウ、途中で死んじゃったり裏切ったりなんてイタい展開にならない事を祈る。

火入れの儀式の前に裏通りに入ったら、バトルになった。
面白いからひとしきり殴って遊ぶ。
二人のレベルが3になった。

散々ぐれぐれしてから、火入れの儀式をしたり、さらわれた女の子を救出したりして、部屋に戻る。
すぐに部屋から出たら、もう翌朝だった。
……形だけでも寝ろよ、主人公。
街に出て、ちょっと買い物して初セーブしようとしたら、メモリーカードが一杯だって言われた。
ここまで来て……(;;)

そのままリセットして、メモリーカードのデータ整理してから再挑戦することにした。
とほほぃだ。

ちなみに、主人公の名前は「おぢそー」。
| puchi | お家でゲーム | 16:17 | comments(0) | trackbacks(0) |

★こうさぎさん★

うさぎをクリックすると喋ります

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

bolg index このページの先頭へ